カペタs diary

楽しいこと面白いことを探しながら、毎日ドキドキワクワクやっています。日々の何気ない事から、ビジネスのことまで、色々な情報交換が出来たら良いですね^^

~ カペタs’diaryへようこそ~  時事ネタ!  食ネタ!  ブログねた!  まで。 広角打法?  広角ブログ!(笑)

※世界が震撼※ 残された人類への宿題


漫画・ONE-PIECEには

ホーキング博士をモデルにした

キャラクターがいます。




こんにちは!カペタです。^^/

 


2018年3月14日

車イスの天才物理学者

スティーブン・ホーキング博士の訃報が

世界を駆け巡りました。


持ち前の明晰な頭脳で

未来を見通し

「人類は今後1000年以内に


災害か地球温暖化のために滅亡する。

唯一の助かる道は別の惑星に移住すること。」

 

 

などの発言が注目を集めていました。

 


 

 

2015年から始まっている

ホーキング博士が海外掲示板にて

なんでもユーザーの質問に答える

人気コンテンツがあるのですが

この質問コーナーにてホーキング博士が答えた

下記質問への回答が、

今、大きな話題を生んでいます。




ユーザー:

「テクノロジーが進化し機械が人間よりも速く、

安く仕事をするようになったため、

大量の人間が解雇されています。

多くの仕事が機械化されれば、

人間の働く量は減っていくと思いますか?」

 
「それとも人間は他の仕事を見つけたり、

より多くの仕事を考えだすのでしょうか?」




ホーキンズ博士の回答



「機械によってもたらされた富が分配されれば、


全ての人が仕事から解放されて

 

自由な時間を贅沢に楽しむことが出来るでしょう。


逆に、

「機械の所有者が富の再分配への反対に成功すれば、

ほとんどの人がどうしようもないほどの

貧困に陥るでしょう。」


「今のところ流れは後者に傾いているように思えます。

テクノロジーによってこれまでにないほどの

不平等状態となっています」

 



博士の回答を読んだネット民からは



「憂うつな気分になる答えだ!」

「解決方法もホーキング博士に聞きたかったな!」



なんて声もあがっていました。




その気持ちはとてもよく分かります。

 


 



ただ、博士はもういません。




博士に頼ることなく

この大きな問題を解決するためには

どうしたらいいのか?。

 

 

まじめに考えてみたいと思います。




あなたも

一度

真剣に考えてみて頂ければと思います。

 

ではでは。^^/

 

 

~~~◆ 追伸 ◆~~~

 

僕は今、

寝る前のごくわずかな隙間時間を使って



“透明スーツ”の研究を真剣に行っています。

 

 

 



完成した際は、

 

読者様だけに!

 

特別に!

先行販売させて頂ければと思います。^0^


それではまた、、、。

 

f:id:a249081:20180223092726j:plain

 

 お花見シーズンまじか!

幹事さん必見!日程調整に便利な無料ツール

 

今回は幹事さん必見の
日程調整に便利な
無料ツールをご紹介します。

tonton.amaneku.com

 

使い方は簡単。
まずは飲み会などのイベントの
開催日時や内容などを設定します。


すると、日程調整用ページURLが
発行されるので、それを参加者に
案内すれば完了。


口頭やメールでの
日程調整は面倒ですし、
聞き違いなども
あるかもしれません。


そういう時にこのツールが
とても役に立つでしょう。

スケジュール調整ツール『トントン』

 

f:id:a249081:20161207175706j:plain

 

f:id:a249081:20180223102045j:plain

看護師のための転職エージェント『ナースライフ』